会社情報

  • INDEX
  • 事業紹介・会社概要
  • 拠点案内
  • ISO 9001・14001
  • JESCE0017、IEIEJ-P-0001
  • UL規格
  • 米軍規格
  • BCP
  • 太陽光発電システム設置
  • CSR・社会貢献活動

品質方針・事業継続計画

品質方針 -規格・認証取得-

ISO 9001・14001

ISO 9001 製品やサービスの品質保証を通じて、顧客満足向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善を実現します。
ISO 14001 サステナビリティ(持続可能性)の考えのもと、環境リスクの低減および 環境への貢献と経営の両立を目指す環境マネジメントシステムです。

ISOは、市場のグローバル化に伴い、製品やサービスの世界標準として設立され、品質保証システムとして機能しています。お客さまにより一層の信頼と安心を得るため、今後も全社一丸となって、ご満足いただけるサービスと商品を提供いたします。

※大阪営業所はISO認証外となります。

JESCE0017・IEIEJ-P-0001

JESC E0017(2005)及びIEIE J-P-001は、結束帯の品質を一定以上に保つことを目的として、策定されました。種類・構造・試験方法と評価方法・表示等、製品自体の仕様について規定するものです。サトーゴーセーの製品では、ケーブルタイシリーズのスタンダードタイ等、配線用合成樹脂結束帯が適合しています。

UL規格

UL(Underwriters Laboratories Inc.)は、アメリカで1894年に非営利機関として設立されたものです。一般家庭用電気製品を始め、産業用機器やプラスチック材料など多様なものに対して規格適合試験を実施し、その安全性を確かめた上でUL規格適合認証を行なっています。

米軍規格

米軍規格(MIL)は、米軍の特別な要求に合致すると認められた商品にのみ与えられます。厳しく過酷な条件下でも性能を発揮できることを証明するといって良いでしょう。

事業継続計画

BCP

事業継続計画(BCP: Business Continuity Plan )とは、リスクに対し、如何に事業に影響を与えない時間内で事業活動を復旧するかという企業レベルでのリスクマネジメントです。大地震等の自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておくBCPの策定が必要なのです。単に自社の被災を最小限にする災害対策ではなく、お客さまへのリスクを緩和すると共に短期間での事業回復を図ります。

日本が変わる 東京が変える 東京発 チーム事業継続

太陽光発電システム設置

2013年9月、東松山事業所の社屋に、太陽光発電システムを設置いたしました。太陽光発電は太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。太陽の光という無尽蔵のエネルギーを活用する太陽光発電は、年々深刻化するエネルギー資源問題の有力な解決策の一つです。クリーンであることも大きな特長で、発電の際に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)も発電時にはまったく排出しません。また、突発的災害時には電力不足の長期化が予想されます。太陽光発電は自然災害時にも電力を供給しつづけることができるので、非常電源システムとしても役立ちます。



CSR・社会貢献活動

2015年 山形県立加茂水産高等学校 水産生物部より研究活動における製品依頼を受け社会貢献活動の一環としてタイベース、結束バンドをご協力致しました。
また、研究は進み2016年も同様にご協力させて頂いております。
山形県立加茂水産高等学校様の研究が進むよう陰ながら応援しております。
研究資料:「新しい藻場造成法の研究 ~Kamoモデルの構築~」

山形県立加茂水産高等学校 水産生物部様と弊社代表、取締役との写真